野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ドラ1トリオに“竜の周東”候補の韋駄天も…2021年、中日でブレーク期待の若手は?

2020年は8年ぶりのAクラス入りを果たした中日。上昇気配が漂う中で迎えた2021年は、10年ぶりのリーグ優勝と16年ぶりの日本一を目指すシーズンとなる。投打で柱となる存在がいる一方、チームに勢いを与えるために欠かせないのが若手の台頭。3年連続で地元出身のスター高校生をドラフト1位指名するなど、土台づくりには着手してきた。

中日・石川昂弥、根尾昂、小笠原慎之介(左から)【写真:荒川祐史】
中日・石川昂弥、根尾昂、小笠原慎之介(左から)【写真:荒川祐史】

昨季は8年ぶりAクラス入りで上昇気配…与田監督3年目に悲願達成を

 2020年は8年ぶりのAクラス入りを果たした中日。上昇気配が漂う中で迎えた2021年は、10年ぶりのリーグ優勝と16年ぶりの日本一を目指すシーズンとなる。投打で柱となる存在がいる一方、チームに勢いを与えるために欠かせないのが若手の台頭。3年連続で地元出身のスター高校生をドラフト1位指名するなど、土台づくりには着手してきた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2013年から7年連続Bクラスと低迷にあえいできたチームは今季、沢村賞を獲得したエースの大野雄大が投手陣を牽引。打線ではベテランの大島洋平が2年連続の最多安打と健在で、中軸もキャプテンの高橋周平やダヤン・ビシエドらが頼もしさを示した。与田剛監督にとって3年目となる来季、ブレークが期待される若手を取り上げたい。

○根尾昂内野手(3年目・21歳)
 春夏通じて3度の全国制覇を経験した甲子園のスター。2年目の今季は1軍9試合出場ながら、8月11日の広島戦(マツダ)では通算17打席目にしてプロ初安打を記録した。外野にも挑戦して可能性を模索。一方で、今オフの契約更改では遊撃レギュラーの京田への挑戦を宣言した。潜在能力は首脳陣や同僚ら誰もが認めるところ。飛躍のきっかけをつかみたい。

○石川昂弥内野手(2年目・20歳)
 3球団競合の末に中日が獲得した次代の大砲候補。ルーキーイヤーの今季は、7月12日の広島戦(ナゴヤドーム)で高卒新人一番乗りで1軍デビューを果たし、初安打もマークした。1軍では14試合に出場し、36打数8安打、1打点。一塁・ビシエド、二塁・阿部、三塁・高橋周、遊撃・京田と内野のレギュラーは固定されつつあるが、持ち前の打棒で風穴を開けられるか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」