野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大器の覚醒は目前!? ロッテ藤原、プロ1号は驚きの先頭打者弾も表情一切かえず

激動の2020年も残りわずかとなった。ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じたNPB。120試合制で行われた異例のシーズンを、選手たちは熱いプレーで盛り上げてくれた。Full-Count編集部は涙と感動を呼んだ2020年名場面を独自にピックアップ。今回はプロ入り2年目の終盤にチャンスを掴んだロッテ・藤原恭大外野手の記念すべきプロ第1号となった先頭打者本塁打を振り返る。

ロッテ・藤原恭大【写真:荒川祐史】
ロッテ・藤原恭大【写真:荒川祐史】

プロ1号は本拠地のファンが待つ右翼スタンドに飛び込む豪快弾

 激動の2020年も残りわずかとなった。ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じたNPB。120試合制で行われた異例のシーズンを、選手たちは熱いプレーで盛り上げてくれた。Full-Count編集部は涙と感動を呼んだ2020年名場面を独自にピックアップ。今回はプロ入り2年目の終盤にチャンスを掴んだロッテ・藤原恭大外野手の記念すべきプロ第1号となった先頭打者本塁打を振り返る。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 10月14日のロッテ対楽天戦(ZOZOマリン)。この日「1番・左翼」で先発した藤原は、相手先発・涌井の初球143キロの直球を振りぬくと、打球はグングン伸びて右翼スタンドへ吸い込まれた。

 記念の一打となったが、藤原は表情ひとつ変えずダイヤモンドを一周。ベンチで井口監督やチームメートとの“エアハイタッチ”も淡々と行う姿に大器の片鱗が垣間見えた。

 藤原は3日後の16日に行われた日本ハム戦(ZOZOマリン)でも、初回に相手先発・杉浦から2号ソロを放ち、プロ入り1号・2号が先頭打者本塁打となるプロ野球史上3人目となる快挙を達成。熾烈な優勝争いを繰り広げていたチームを勢いづけた。

 今季の藤原は最終的に26試合出場で3本塁打10打点4盗塁、打率.260を記録し、来季に弾みをつける一年となった。3年目を迎える来季は強打のリードオフマンとして、2005年から遠ざかるチームのリーグ制覇に貢献する活躍が期待される。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」