千賀が認めた157キロ右腕、驚異的パワーの大砲…2021年鷹でブレーク期待の若手

ソフトバンクの杉山一樹(左)とリチャード【写真:藤浦一都】
ソフトバンクの杉山一樹(左)とリチャード【写真:藤浦一都】

来季が3年目となる杉山はチーム内でも随一のポテンシャルを秘める右腕

 2020年は3年ぶりにリーグ優勝を果たし、4年連続の日本一にもなったソフトバンク。他球団を圧倒する戦力を誇る常勝軍団にとって、2021年は2年連続のリーグ優勝、そして5年連続の日本一を目指すシーズンとなる。

 2020年は栗原陵矢捕手がレギュラーの座を射止め、チーム2位の本塁打と打点をマーク。周東佑京内野手も13試合連続盗塁の“世界記録”を樹立し、シーズン後半はレギュラーの座を手にした。2人の他にも笠谷俊介投手や泉圭輔投手など、若手の台頭も見えた1年だった。

 そして2021年もソフトバンクには楽しみな若手が数多く存在する。そこでここでは期待の若手をピックアップ。将来のスター候補を紹介する。

○杉山一樹(23歳、3年目)
 2018年のドラフト2位で入団した大型右腕の杉山。今季もシーズン終盤に1軍で戦力となり、11試合に登板して0勝0敗1ホールド0セーブ、防御率2.16をマークした。最速157キロを誇る剛腕でそのポテンシャルはエースの千賀が絶賛するほど。昨季の投球に度肝を抜かれたファンも多いはずで、来季は1年を通しての活躍が期待される。

2016年のドラ1田中&ドラ2古谷の台頭にも期待

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY