野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • ヤンキースの「55」は松井秀喜氏 MLB公式選出、球団背番号別の最高選手は?

ヤンキースの「55」は松井秀喜氏 MLB公式選出、球団背番号別の最高選手は?

MLB公式サイトが28日(日本時間29日)、球団別で各背番号をつけた最高の選手を選出。日本人では、ヤンキースの「55」で松井秀喜氏、マリナーズの「51」でイチロー氏が、ドジャースの「44」で斎藤隆氏らが選ばれている。

ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏【写真:Getty Images】
ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏【写真:Getty Images】

マリナーズからは3選手が、世界一に貢献した選手たちも選出

 MLB公式サイトが28日(日本時間29日)、球団別で各背番号をつけた最高の選手を選出。日本人では、ヤンキースの「55」で松井秀喜氏、マリナーズの「51」でイチロー氏が、ドジャースの「44」で斎藤隆氏らが選ばれている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 名門ヤンキースではデレク・ジーターやベーブ・ルースなど殿堂入りを果たした名選手が名を連ねる中、「55」で松井秀喜氏が選出された。記事では、「“ゴジラ”はピンストライプを着た2003~09年の7年間に傑出した外野手と指名打者であった。ヤンキースの27度目の優勝ではワールドシリーズMVPに輝いた」と、松井氏の愛称と共にヤンキースでの功績を紹介している。

 マリナーズではイチロー氏を始め、「18」で岩隈久志氏、「96」でマック鈴木氏が選出された。イチロー氏は「51」の前任者である通算303勝左腕ランディ・ジョンソン氏を抑えて堂々の選出となった。

 今季32年ぶりの世界一に輝いたドジャースでは、「44」で斎藤隆氏が選出された。2006年に36歳で米球界に挑戦した“オールドルーキー”について記事では、「サイトウは注目されていなかった中、オールスターに選出されたクローザーとなった」と述べ、マイナー契約から信頼を勝ち取り、2007年にはオールスターに選出されるなどクローザーとしてチームを支えた右腕を称えた。

 その他にも、カージナルスの「99」でワールドシリーズの舞台を2度経験した田口壮氏が、レッドソックスの「63」では2013年世界一に貢献した田澤純一投手らが選出されている。海を渡って挑戦した多くの日本人選手の足跡が、それぞれのチームのファンの胸にしっかりと刻まれている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」