野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

佐々木朗のデビューに注目、2軍で打率.344の韋駄天も…ロッテの21年ブレーク候補は?

2020年シーズン終盤までソフトバンクと優勝を争ったものの、惜しくも2位に終わったロッテ。リーグ最少の失策、与四球と堅実な野球で接戦を制してきた一方、個人成績で圧倒的な数字を残した選手はいなかった。新型コロナウイルスの集団感染などの不運もあり、最後は自力の差を見せつけられた。

ロッテ・佐藤都志也、佐々木朗希、高部瑛斗(左から)【写真:荒川祐史】
ロッテ・佐藤都志也、佐々木朗希、高部瑛斗(左から)【写真:荒川祐史】

佐々木朗の1年目は実戦登板なし、“雨男”古谷は奪三振率が大幅アップ

 2020年シーズン終盤までソフトバンクと優勝を争ったものの、惜しくも2位に終わったロッテ。リーグ最少の失策、与四球と堅実な野球で接戦を制してきた一方、個人成績で圧倒的な数字を残した選手はいなかった。新型コロナウイルスの集団感染などの不運もあり、最後は自力の差を見せつけられた。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 しかし、2018年ドラフト1位の藤原や2017年ドラフト1位の安田が台頭するなど、育成は着実に実を結んでいる。1974年以来となるリーグ1位での優勝と、2010年以来の日本一を目指す2021年シーズン。井口資仁監督にとっての3年目に、ブレークが期待される若手を取り上げたい。

○佐々木朗希投手(2年目・19歳)
 高校生最速の163キロをマークし、その一挙手一投足に注目が集まった“令和の怪物”が4球団競合の末に入団。1年目の今季は、3月24日のシート打撃で157キロを投じるなど才能の片鱗を見せたが、1、2軍を通じて実戦登板はなかった。来季は謎に包まれたベールをいつ脱ぐのかに注目が集まる。

○古谷拓郎投手(3年目・20歳)
 千葉県鎌ケ谷市出身で習志野高ではエースナンバーを背負った地元期待の星。2018年ドラフト6位で入団すると、1年目から2軍で13試合に登板して6勝4敗、防御率5.04の成績を残した。さらに今季は2軍で7試合に登板して2勝2敗、防御率2.97と急成長。奪三振率4.86→7.78と大きく飛躍した。1軍デビューも果たしたがプロ初登板が3度も雨天中止となり話題となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」