野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人菅野が球速を操る驚異の能力が「凄すぎる」 ファン驚愕の動画373万回再生

2年連続のリーグ優勝で幕を閉じた2020年の巨人の戦い。チームとともに“勢い”があったのは球団公式YouTube。今年再生回数の多かった動画ベスト5を撮影スタッフとともに振り返る。第1位は菅野智之投手が披露した驚くべき能力、感覚の衝撃映像だった。

巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】
巨人・菅野智之【写真提供:読売巨人軍】

亀井善行“投手”の貴重映像もファン必見だが…

 2年連続のリーグ優勝で幕を閉じた2020年の巨人の戦い。チームとともに“勢い”があったのは球団公式YouTube。今年再生回数の多かった動画ベスト5を撮影スタッフとともに振り返る。第1位は菅野智之投手が披露した驚くべき能力、感覚の衝撃映像だった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「菅野智之投手、驚異の『感覚』」と題して巨人の公式YouTubeチャンネルで公開されている動画。まず、動画内では亀井善行外野手の珍しいブルペン投球風景を紹介。その後、マウンドから力強いボールを投げ込んでいる菅野。自身が投じるボールの球筋を見て、まず球速を「138キロ」と予想。実際に「138キロ」でピタリと球速を言い当てる。続いて投じたボールの予想は「137.5キロ」。これは小数点以下までピタリと言い当てている。

 さらに凄いのはここから。今度は投げる前に球速を宣言。まず「140.3キロ」と宣言してボールを投げると、球速は本当に140.3キロを計測している。その後も球速を宣言すると、誤差1キロ以内で次々にボールを投げた菅野。思い通りに球速を操る驚異的な感覚を発揮している。

 この菅野の映像にはファンも「菅野すげえわ」「自分で投げた球の球速が分かる人がいるの?」「凄すぎる」と、コメントが並んでいた。撮影スタッフもこの衝撃映像が撮れた瞬間に手応えを掴んだ。

「(再生回数が)伸びたり、伸びなかったりありますが、この映像は行くだろうな…と思っていました。たまに菅野さんに『今、再生回数トップですよ』とお伝えしています」

 2位の田口麗斗投手の激似モノマネ動画に迫られているが、今でも再生回数は伸びている。今季、セ・リーグMVPを獲得、日本を代表する投手となった菅野の貴重映像となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」