野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

佐々木朗、奥川、石川…高卒2年目でブレークなるか? 10代のスター候補を厳選

コロナ禍で異例のシーズンとなった2020年。現状、2021年はセ・パ交流戦も行われ通常シーズンの143試合で開催される。

ロッテ・佐々木朗希、中日・石川昂弥、ヤクルト・奥川恭伸(左から)【写真:荒川祐史】
ロッテ・佐々木朗希、中日・石川昂弥、ヤクルト・奥川恭伸(左から)【写真:荒川祐史】

最速163キロのロッテ佐々木朗は1、2軍で登板はなし

 コロナ禍で異例のシーズンとなった2020年。現状、2021年はセ・パ交流戦も行われ通常シーズンの143試合で開催される。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2020年も多くの実績ある選手たちが現役を引退し、高卒選手たちも1軍でデビューを飾った。毎年のように新星が現れる昨今の球界を背負って立つ選手は一体誰になるのか。ここでは2020年のブレークが期待され、また、新たな時代の球界を背負って立つであろう、まだ10代の若手を厳選した。

○佐々木朗希(ロッテ)
 球界、ファンから大きな期待を寄せられるのが2019年のドラフト1位指名で4球団が競合した佐々木朗。最速163キロの直球が最大の魅力でルーキーイヤーの今季は主に1軍に帯同しながら調整したが1軍、2軍での登板はなかった。一回り体も大きくなった将来のエース候補は2021年にベールを脱ぐのか、注目だ。

○奥川恭伸(ヤクルト)
 佐々木朗と共に注目を浴び2019年のドラフト1位指名で3球団が競合。2軍では7試合に登板し1勝1敗、防御率1.83の成績を残し、11月10日の広島戦では2回0/3、9安打5失点ながら1軍デビューを果たした。150キロを超える直球とスライダーを武器に来季は開幕ローテ入りにも期待がかかる。

○森敬斗(DeNA)
 2019年のドラフト1位で入団したスター候補。2軍では58試合に出場し打率.210、2本塁打13打点だったが10月27日の巨人戦で1軍デビューを飾ると左翼フェンス直撃二塁打を放ちファンの度肝を抜いた。走攻守で高いポテンシャルを誇り高卒2年目の来季は「1番・遊撃」を狙っていきたい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」