野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハムの今季を振り返る 中田&近藤がタイトル獲得も得点力、守備に課題【野手編】

チーム打率は.249でソフトバンクと同率の2位タイ。しかし、本塁打数はリーグワーストの89本、リーグトップのソフトバンクは126本で37本差、得点はリーグ3位の493ながら、2位のソフトバンクとは38の差があり、リーグ王者と同打率でも得点力の差があったのが実情だ。盗塁数もリーグ5位と、なかなか足を絡めた攻撃もできず、打率こそ悪くなかったものの、全体的なオフェンス力不足が垣間見えた日本ハム。シーズンレビュー後編は、打者に注目して2020年シーズンを振り返っていく。

日本ハムシーズンレビュー2020【画像:パーソル パ・リーグTV】
日本ハムシーズンレビュー2020【画像:パーソル パ・リーグTV】

「レべチ」な活躍を見せた中田翔

 チーム打率は.249でソフトバンクと同率の2位タイ。しかし、本塁打数はリーグワーストの89本、リーグトップのソフトバンクは126本で37本差、得点はリーグ3位の493ながら、2位のソフトバンクとは38の差があり、リーグ王者と同打率でも得点力の差があったのが実情だ。盗塁数もリーグ5位と、なかなか足を絡めた攻撃もできず、打率こそ悪くなかったものの、全体的なオフェンス力不足が垣間見えた日本ハム。シーズンレビュー後編は、打者に注目して2020年シーズンを振り返っていく。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 そんななか輝きを放ったのが中田翔内野手だ。今季はオープン戦・練習試合から好調ぶりを見せつけると、開幕してからもここぞの場面で頼りになる勝負強さを発揮し、4番としてチームをけん引。9月10日には通算250号の大台に到達した。その後も「レベチ」な一撃を放り込み続け、120試合の短縮シーズンながらキャリアハイの31本塁打をマーク。楽天・浅村との壮絶なタイトル争いの末、初の本塁打王こそ逃したものの、108打点で3度目の打点王を獲得し、充実のシーズンとなった。

 近藤健介外野手も、持ち味を十分に発揮した。昨季.422で最高出塁率のタイトルを獲得した好打者は、今季も卓越したバットコントロールと選球眼で出塁を量産。オリックス・吉田正、ソフトバンク・柳田とともにハイレベルな首位打者争いを繰り広げ、リーグ3位の打率.340をマークした。また、出塁率.465とほぼ2回に1回は塁に出る驚異的な成績で2年連続2度目の最高出塁率に輝いた。

 切り込み隊長としてチームを引っ張ったのが西川遥輝外野手だ。新主将として臨んだ今季は開幕から好不調の波が少なく、安定したパフォーマンスを披露し、4年ぶりの打率3割をクリア。リーグトップの92四球を選ぶなど献身的な活躍も目立ち、出塁率.430とリーグ2位の42盗塁でリードオフマンとして素晴らしい活躍を見せた。ポイントゲッターとしても優秀で、得点圏打率はチームトップの.358をマーク。打はもちろんのことながら、足、勝負強さ、選球眼といったあらゆる面でファイターズ打線の力になった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」