野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

どよめく場内「引退する選手じゃない」 阪神藤川が投じた最後の“火の玉ストレート”

激動の2020年も残りわずかとなった。ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じたNPB。120試合制で行われた異例のシーズンを、選手たちは熱いプレーで盛り上げてくれた。Full-Count編集部は涙と感動を呼んだ2020年名場面を独自にピックアップ。今回は、今季限りで現役を引退した阪神・藤川球児投手のラスト投球を振り返る。

2020年シーズン限りで現役を引退した藤川球児【写真:津高良和】
2020年シーズン限りで現役を引退した藤川球児【写真:津高良和】

巨人坂本には148キロ、中島には146キロの直球で空振り三振に

 激動の2020年も残りわずかとなった。ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じたNPB。120試合制で行われた異例のシーズンを、選手たちは熱いプレーで盛り上げてくれた。Full-Count編集部は涙と感動を呼んだ2020年名場面を独自にピックアップ。今回は、今季限りで現役を引退した阪神・藤川球児投手のラスト投球を振り返る。

【動画】「引退する選手じゃない」とファン驚愕 引退試合で阪神藤川が巨人坂本を空振り三振に仕留めた感動の場面

 11月10日、本拠地・甲子園での巨人戦。4点ビハインドの9回に登板した藤川は、オール直球で勝負した。先頭の坂本には148キロの直球、続く代打の中島には146キロの直球でそれぞれ空振り三振に仕留めると、最後は重信を146キロの直球で二飛に。1回を無安打2奪三振の無失点で有終を飾った。

 最速は149キロ。まだまだ威力十分の直球を、ファンは目に焼き付けた。当時、DAZNが公開した動画にも「魂のこもった素晴らしいストレート」「名勝負」「魂の火の玉ストレート」「引退する選手じゃない」などとコメントが寄せられた。球史を彩った豪速球は、いつまでも色あせることはない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」