野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

丑年生まれ「セの年男」たちは? 新人王の広島森下や復活期す阪神ベテラン右腕

2021年は丑年。プロ野球界でも、24歳を迎える1997年生まれと、36歳を迎える1985年生まれの選手が“年男”になる。すでに主力になっている選手や期待の若手、ベテランら多彩な顔ぶれが並ぶ。セ・リーグ6球団の主な年男を見ていきたい。

広島・森下暢仁と中日・大島洋平(左から)【写真:荒川祐史】
広島・森下暢仁と中日・大島洋平(左から)【写真:荒川祐史】

巨人高橋は2年連続で背番号変更 中日15年ドラ1の小笠原は正念場

 2021年は丑年。プロ野球界でも、24歳を迎える1997年生まれと、36歳を迎える1985年生まれの選手が“年男”になる。すでに主力になっている選手や期待の若手、ベテランら多彩な顔ぶれが並ぶ。セ・リーグ6球団の主な年男を見ていきたい。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

【巨人】
高橋優貴投手(1997.2.1)
伊藤優輔投手(1997.1.14)
八百板卓丸外野手(1997.1.17)※育成

 2018年ドラフト1位の高橋は昨季、8試合登板どまり。1勝3敗、防御率4.30で、先発として18試合に登板した1年目から成績を落とした。背番号は12→26→47と2年連続で変更。巻き返しのシーズンにしたい。ドラフト4位ルーキーの伊藤も年男。最速156キロの直球を武器に、1軍で存在感を見せられるか。

【阪神】
桑原謙太朗投手(1985.10.29)
望月惇志投手(1997.8.2)
小川一平投手(1997.6.3)

 最優秀中継ぎのタイトルを獲得した2017年から2年連続で60試合以上に登板した桑原。右肘の不安で2019年は7試合、2020年は12試合にとどまった。36歳シーズンに劇的な復活を果たし、阪神のブルペンを支えられるか。小川は1年目の昨季、中継ぎで21試合に登板し、防御率4.71。1軍で戦うベースを築き、飛躍につなげたい。

【中日】
大島洋平外野手(1985.11.9)
小笠原慎之介投手(1997.10.8)
郡司裕也捕手(1997.12.27)

 大島は2019年から2年連続で最多安打のタイトルを獲得し、全く衰えを見せない。球界屈指の安打製造機も今年36歳に。引き続き、リードオフマンとしての役目が期待される。2015年ドラフト1位の小笠原は昨季、プロ入り最少の4試合登板にとどまり、1勝3敗、防御率7.11。将来のエース候補も気がつけば6年目。真価が問われるシーズンになる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」