野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

丑年生まれ「パの年男」たちは? 14年連続50試合期待の鉄腕、正念場のドラ1も…

2021年は丑年。プロ野球界でも、24歳を迎える1997年生まれと、36歳を迎える1985年生まれの選手が“年男”になる。すでに主力になっている選手や期待の若手、ベテランら多彩な顔ぶれが並ぶ。パ・リーグ6球団の主な年男を見ていきたい。

日本ハム・宮西尚生と楽天・オコエ瑠偉(左から)【写真:石川加奈子、荒川祐史】
日本ハム・宮西尚生と楽天・オコエ瑠偉(左から)【写真:石川加奈子、荒川祐史】

西武高橋はエースとして期待 ソフトバンク高橋は復活なるか

 2021年は丑年。プロ野球界でも、24歳を迎える1997年生まれと、36歳を迎える1985年生まれの選手が“年男”になる。すでに主力になっている選手や期待の若手、ベテランら多彩な顔ぶれが並ぶ。パ・リーグ6球団の主な年男を見ていきたい。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

【ソフトバンク】
高橋純平投手(1997.5.8)
海野隆司捕手(1997.7.15)
柳町達外野手(1997.4.20)

 2019年に45試合に登板して中継ぎとして頭角を現した高橋は昨季、故障で出遅れた影響もあって1軍登板なしに終わった。3球団競合のドラフト1位右腕も6年目。常勝ホークスの厳しい争いを勝ち抜き、再び1軍で居場所をつかみたい。一方、36歳を迎えるグラシアルとバンデンハークも「年男」に当たる。

【ロッテ】
平沢大河内野手(1997.12.24)
高部瑛斗外野手(1997.12.11)
原嵩投手(1997.12.6)

 2015年ドラフト1位の平沢は昨季、プロ入り後初めて1軍出場なしに終わった。昨年10月には右肘を手術。今季は万全のスタートを切り、内野のレギュラーを脅かしたい。高部は昨季2軍戦に67試合に出場し、打率.344をマーク。ファーム優秀選手賞も受賞し、ブレークが期待される。原は育成として再出発を切る。

【西武】
高橋光成投手(1997.2.3)
柘植世那捕手(1997.6.3)
佐藤龍世内野手(1997.1.15)

 高橋光は昨季20試合に先発し、チームトップの8勝をマーク。後半戦には2度ノーヒットノーランに迫るなど大黒柱としてチームを牽引し、エースとしての期待がかかる。柘植はルーキーイヤーの昨季に1軍で17試合に出場。正捕手の森を脅かす存在になれるか。一方、メヒアも36歳を迎える。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」