野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

京田の打撃次第で打順大幅変更も? 福留にも注目…中日の開幕スタメンを大予想

2020年は8年ぶりのAクラス入りを果たした中日。10年ぶりのリーグ優勝と16年ぶりの日本一を目指す2021年は、3月26日に広島との開幕戦を迎える。外国人選手を大幅に入れ替え、昨秋のドラフトでは支配下6選手を指名。春季キャンプやオープン戦を通じてチーム内の勢力図に変動が起きることは予想されるが、現時点での開幕スタメンを占ってみたい。

中日のビシエド、京田陽太、福留孝介(左から)【写真:荒川祐史】
中日のビシエド、京田陽太、福留孝介(左から)【写真:荒川祐史】

昨季8年ぶりのAクラス入り、内野は固定の一方で激戦の外野

 2020年は8年ぶりのAクラス入りを果たした中日。10年ぶりのリーグ優勝と16年ぶりの日本一を目指す2021年は、3月26日に広島との開幕戦を迎える。外国人選手を大幅に入れ替え、昨秋のドラフトでは支配下6選手を指名。春季キャンプやオープン戦を通じてチーム内の勢力図に変動が起きることは予想されるが、現時点での開幕スタメンを占ってみたい。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

1(中)大島洋平
2(遊)京田陽太
3(二)阿部寿樹
4(一)ビシエド
5(三)高橋周平
6(右)平田良介
7(左)福留孝介
8(捕)木下拓哉
9(投)大野雄大

 昨季まで2年連続で最多安打のタイトルを獲得し、全く衰えを見せない大島が不動のリードオフマンを担いそう。京田の足を生かすなら2番に据えたい。昨季は打率.247と課題を残した打撃がポイントとなりそうだ。

 クリーンアップは今季の形になる可能性も。昨季13本塁打、61打点をマークし、右打ちにも長けている阿部が3番、来日6年目を迎えたビシエドが4番。昨季終盤に痛めた左肩の状態次第でもあるが、責任感の強い助っ人はあくまで打の中心だ。昨季打率3割超えの高橋周が5番で支える。

 1番のポイントとなりそうなのが6、7番。万全の状態なら平田が妥当か。あとは、14年ぶりに古巣復帰を果たした現役球界最年長・福留の状態と、新助っ人のガーバーの順応度を天秤にかけて判断することもできる。打順の並びを考え、ビシエドから右左を交互に並べた。

 開幕投手は、昨季圧巻の10完投で沢村賞を初受賞した大野雄以外に考えられない。そのエース左腕とともに昨季バッテリー賞を獲得した木下拓がマスクをかぶる。京田の打撃次第では、平田が2番に回り、打撃のいい木下拓が6番か7番、京田が8番という選択肢もある。

 内野のレギュラーは固定されてきた一方、外野で安泰なのは大島くらい。若手、ベテラン、助っ人入り乱れての激しい競争が繰り広げられれば、開幕スタメンの顔ぶれも打順も大きく変わることも。首脳陣にとってはうれしい悲鳴となる。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」