阪神、岩田稔が新型コロナ「陽性」と発表 球団職員1人も

阪神・岩田稔【写真:荒川祐史】
阪神・岩田稔【写真:荒川祐史】

岩田は発熱等はなく自宅隔離されている

 阪神は6日、岩田稔投手と球団職員1人が新型コロナウイルスの「陽性判定」を受けたと発表した。岩田は鼻詰まりの症状はあるものの、発熱などはなく自宅隔離されている。

 阪神では球団施設使用予定者に、事前の核酸増幅法による検査を義務付けている。岩田と球団職員は1月5日にこの検査を受け、同日深夜に「陽性」と判定された。これを受けて6日に西宮市内の病院で改めて核酸増幅法による検査を受検し「陽性」の確定診断を受けた。

 球団職員には発熱や味覚及び嗅覚異常等の症状はなく、岩田と同様に自宅隔離となっている。また、保健所により濃厚接触者に該当する球団関係者はいないと判定されたという。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY