巨人、MLB通算196発スモークと合意 「6億円超+出来高」契約と米記者報じる

昨季はブルワーズとジャイアンツでプレーしたジャスティン・スモーク【写真:Getty Images】
昨季はブルワーズとジャイアンツでプレーしたジャスティン・スモーク【写真:Getty Images】

MLBネットワークのヘイマン記者「ヨミウリ・ジャイアンツとの契約に合意」

 メジャー通算196発を誇るジャスティン・スモーク内野手が、巨人と契約合意に至ったと報じられた。MLBネットワークのジョン・ヘイマン記者が自身のツイッターで「ヨミウリ・ジャイアンツとの契約に合意した」と綴った。

 ヘイマン記者は「600万ドル(約6億1800万円)が保証された契約で、インセンティブが付く」と投稿。リーグ3連覇を目指す巨人に、大型助っ人が加わることになりそうだ。

 スモークは2008年ドラフト1巡目指名(全体11位)でレンジャーズに入団し、10年にメジャーデビュー。ブルージェイズ時代の17年には自己最多となる38本塁打、90打点と活躍し、オールスターにも選出された。ブルワーズとジャイアンツでプレーした昨季は36試合で5本塁打と低迷したが、メジャー通算1286試合出場で196本塁打、570打点の実績は大きな戦力になりそうだ。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY