鷹、前カブス右腕レイの加入を発表「いつか日本でと」背番号は「26」に

ソフトバンクが獲得を発表したコリン・レイ【写真:Getty Images】
ソフトバンクが獲得を発表したコリン・レイ【写真:Getty Images】

「いつか日本でプレーしたいという思いは、ここ数年気持ちの中にずっとありました」

 ソフトバンクは7日、今季の新戦力として前カブスのコリン・レイ投手が入団すると発表した。背番号は「26」に決まった。

 レイは2011年のドラフト12巡目でパドレスに入団。身長196センチの長身右腕で、2015年にメジャーデビューすると、2016年からはマーリンズ、パドレス、カブスと渡り歩き、今季は9試合に登板して1勝1敗、防御率5.79の成績を残した。メジャー通算では35試合に登板し8勝8敗1ホールド、防御率4.79の成績を残していた。

 レイは球団を通じて「いつか日本でプレーしたいという思いは、ここ数年気持ちの中にずっとありました。それだけに、今回ホークスという常勝チームでプレーできることになり、その夢が叶った気分でとても嬉しく思います。また今回日本でプレーすることは家族にとっても素晴らしい経験ができるチャンスで、あらゆる意味で貴重な機会と思っており、家族みんなで今からワクワクしています」とコメントした。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY