野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ・ドラ2元謙太、グラブもバットも“二刀流“ 内外野どこでもOK「高校生とか関係なく」

オリックスのドラフト2位・元謙太外野手が7日、バットもグラブも“二刀流”で舞洲の青濤館に入寮した。タイプの違う2種類のバットと内野、外野用のグラブを持参し「身が引き締まる、これから自分がやっていかないといけない」と気を引き締めていた。

入寮したオリックスの元謙太【写真提供:オリックス・バファローズ】
入寮したオリックスの元謙太【写真提供:オリックス・バファローズ】

高校通算18本塁打、内外野を守り2年夏の甲子園では投手としても活躍

 オリックスのドラフト2位・元謙太外野手が7日、バットもグラブも“二刀流”で舞洲の青濤館に入寮した。タイプの違う2種類のバットと内野、外野用のグラブを持参し「身が引き締まる、これから自分がやっていかないといけない」と気を引き締めていた。

【動画】最後の“ダイエー捕手”の現役最終打席 万感の思いが詰まった、山崎勝己涙のラストシーン

 元は高校通算18本塁打、2年夏の甲子園では最速144キロの直球を武器に投手としても活躍するなど内外野を守る逸材だ。入寮した感想を問われると「綺麗だなと。1人部屋は初めてなので自分の環境を整えていく。身が引き締まる、これから自分がやっていかないといけない。生活リズムを掴んでやっていきたい」と語った。

 ポジションは問わず、どこでも守る覚悟だ。「外野でも内野でもどちらでも。グラブは出来ています」と2種類を用意。バットにはこだわりを持っているようで「自分の中では2種類。浅村さん(楽天)と西川さん(日本ハム)のタイプを持ってきました」と、自身の調子によってトップバランスの浅村タイプ、ミドルバランスの西川タイプを使い分けていく。

 チームには太田、紅林、宜保、そして同期入団の来田など若手のライバルが多くいるが「とにかく余裕を見せずに練習にしっかり励んでいく。できるだけ早く日本一に貢献できるように自分の中でプラン立てしながら生活していきたい。高校生とか関係なく入ったからには上を目指す。やるべきことやっていけば戦力として使って頂けると思う」と、早期のレギュラー獲得を誓った。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」