ヤクルト、青木ら5選手は「陰性」と発表 新型コロナに感染した村上の濃厚接触者

ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】
ヤクルト・青木宣親【写真:荒川祐史】

村上は6日に自主トレ先の宮崎で発熱、7日に陽性判定を発表していた

 ヤクルトは8日、新型コロナウイルスに感染した村上宗隆内野手の濃厚接触者と判断された5選手について、PCR検査の結果、全員が陰性の判定を受けたと発表した。

 村上は6日、自主トレ先の宮崎で発熱。PCR検査を受け陽性判定を受けたと7日に発表されていた。その際、青木宣親外野手と西浦直亨内野手、塩見泰隆外野手、宮本丈内野手、中山翔太外野手の5選手とチームスタッフ1人が濃厚接触者と判定されていた。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY