野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロメロのオリ復帰、“出戻り”助っ人は活躍? デストラーデら愛された外国人たち

オリックスは8日、楽天を自由契約となったステフェン・ロメロ外野手の獲得を発表した。昨オフに退団して2020年は新天地でプレーしたが、わずか1年で出戻りとなった。ここでは過去の主な“出戻り助っ人”は活躍したのか振り返ってみる。(移籍前の在籍最終年と復帰した年の成績を比較)

オリックス復帰が発表されたステフェン・ロメロ【写真:荒川祐史】
オリックス復帰が発表されたステフェン・ロメロ【写真:荒川祐史】

西武黄金時代を支えたデストラーデは3年ぶりに復帰もシーズン途中で退団

 オリックスは8日、楽天を自由契約となったステフェン・ロメロ外野手の獲得を発表した。昨オフに退団して2020年は新天地でプレーしたが、わずか1年で出戻りとなった。ここでは過去の主な“出戻り助っ人”は活躍したのか振り返ってみる。(移籍前の在籍最終年と復帰した年の成績を比較)

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

○オレステス・デストラーデ(西武)
1992年 128試合 打率.266、41本塁打87打点
1995年 46試合 打率.245、6本塁打23打点

 西武黄金期を支えた助っ人は1989年途中に入団。1992年は3年連続の本塁打王に輝くなど、チームの中心選手として活躍していたが同年オフにマーリンズに移籍しメジャー復帰。1995年には3年ぶりに復帰したがコンディション不良もあり結果を残せずシーズン途中の6月に退団している。

○ルイス・ロペス(広島)
1997年 134試合 打率.320、30本塁打112打点
2000年 93試合 打率.313、20本塁打88打点

 1996年に広島に入団すると同年に打点王(109打点)、1997年には170安打、112打点で打点王と最多安打のタイトルを獲得。1997年にはダイエーに移籍し米独立リーグを経て2000年シーズン途中に広島に復帰。93試合の出場で打率.313、20本塁打と結果を残し2002年までプレーを続けた。

○シャーマン・オバンドー(日本ハム)
2002年 118試合 打率.263、26本塁打68打点
2004年 42試合 打率.338、8本塁打25打点

 1999年シーズン途中に日本ハムに加入。3割を超える打率と長打を武器に活躍し2002年も自己最多の118試合に出場し26本塁打をマークしたが怪我の影響もあり退団。2004年には自腹で来日し球団に自らを売り込み、シーズン途中の8月に復帰。勝負強い打撃を武器にチームをAクラスに導き2005年までプレーした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」