野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

容姿だけで「カッコいい」と言えない “草分け”元広島・高橋慶彦氏が憧れた選手とは

昭和50年代の広島東洋カープ黄金期を「1番・遊撃手」として牽引した高橋慶彦氏。甘いマスクと躍動感あふれるプレーで、従来の子供や男性のファンのみならず、若い女性をプロ野球に引き寄せたパイオニア的存在の1人といえる。そんな高橋氏が考える「野球選手のかっこよさ」とは何かを聞いてみた。

広島などで活躍した高橋慶彦氏【写真:編集部】
広島などで活躍した高橋慶彦氏【写真:編集部】

現役時代、絶大な女性人気を誇った高橋氏が「カッコいい」と憧れた選手の共通点

 昭和50年代の広島東洋カープ黄金期を「1番・遊撃手」として牽引した高橋慶彦氏。甘いマスクと躍動感あふれるプレーで、従来の子供や男性のファンのみならず、若い女性をプロ野球に引き寄せたパイオニア的存在の1人といえる。そんな高橋氏が考える「野球選手のかっこよさ」とは何かを聞いてみた。

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

 高橋氏の登場でプロ野球のファン層に変化が生じ、スタンドにそれまで聞かれなかった黄色い歓声が上がるようになった。当時人気絶頂の小説家・村上龍は、高橋氏をモチーフに短編集「走れ!タカハシ」を上梓した。

「そりゃ、若い頃はモテたいと思っていたけれど、自分がかっこいいなんて思ったことはなかった。今考えると、俺はとにかく野球が好きでたまらなかったから、そういうところを感じ取ってくれていたのかなと思うけど……」と振り返る。

 高橋氏自身が子供の頃に憧れたプロ野球選手は、阪神の安藤統男氏(後に1軍監督)だった。内外野どこでも守れるユーティリティプレーヤーで、代打でも活躍。主軸選手ではなかったが、「慶応大出身で立ち居振る舞いにどことなく気品があって、打席に立った時の雰囲気がかっこよかった。俺は東京で育ったけれど、安藤さんに憧れて阪神ファンになった」と言う。

 広島の若手時代に2軍戦で当時阪神2軍コーチを務めていた安藤氏と対面し、「ファンでした」と打ち明けたことがある。「安藤さんから『慶彦、おまえ守備がうまくなったな』と言われたことがあって、ものすごくうれしかった」と子供の頃さながらの笑顔を浮かべる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」