野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹の新人13選手の合同自主トレがスタート 藤本2軍監督「とにかく慌てないこと」

ソフトバンクの新人合同自主トレが10日、2軍施設の「HAWKSベースボールパーク筑後」でスタート。支配下、育成を合わせた13人のルーキーが汗を流した。

ソフトバンクの新人合同自主トレがスタート【写真:藤浦一都】
ソフトバンクの新人合同自主トレがスタート【写真:藤浦一都】

キャッチボールやダッシュ、体幹トレなどに取り組む

 ソフトバンクの新人合同自主トレが10日、2軍施設の「HAWKSベースボールパーク筑後」でスタート。支配下、育成を合わせた13人のルーキーが汗を流した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 支配下の高校生ルーキー5人と、育成ドラフト入団の8人はこの日、自身の名前と背番号が入ったビブスを身につけて練習。室内練習場でウォーミングアップやキャッチボールを行った後、タマスタ筑後に場所を移して100メートルダッシュ8本を2セット。さらに、再び室内で体幹トレーニングなどを行った。

 育成ドラフト1位の佐藤宏樹投手は、トミー・ジョン手術を受けた肘のリハビリのため一部で別メニュー。注目を集めたドラフト1位の井上朋也内野手は、ランニングメニューでも全体を引っ張っていた。

 見守った藤本博史2軍監督は「1年間ケガしないように、まずはランニング中心になる」と話し、「1年目は少し違和感があっても『大丈夫』とやってしまいがち。それがケガにも繋がるので、違和感があったらすぐにトレーナーに伝えてほしい」と、ルーキーたちの故障に人一倍気を遣っているようだ。

 全体を見渡し「ちょっと元気がないけど、高校生ばかりだからね。とにかく慌てないこと。育成選手も一芸がある人は支配下への近道になる。自分のいいところをどんどん伸ばしていってほしい」とエールを送った。

 また、昨年まで新人合同自主トレを引っ張ってきた故・川村隆史コンディショニング担当に代わって、この日は山川周一1軍コンディショニング担当がルーキーたちの指導を行った。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」