野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天ドラ1早川、新人合同自主トレで語った思考 「目的は1年」「目標は1か月」

楽天の新人合同自主トレが10日、本拠地・楽天生命パークの室内練習場で始まった。12球団のルーキーで最大級の注目を浴びる最速155キロ左腕、ドラフト1位の早川隆久投手は、何を考えながらプロ生活のスタートを切ったのだろうか。

新人合同自主トレでキャッチボールを行う早川隆久【写真:宮脇広久】
新人合同自主トレでキャッチボールを行う早川隆久【写真:宮脇広久】

自ら設定した目標「100プラス自分の背番号」にわずか及ばず「甘さが出た」

 楽天の新人合同自主トレが10日、本拠地・楽天生命パークの室内練習場で始まった。12球団のルーキーで最大級の注目を浴びる最速155キロ左腕、ドラフト1位の早川隆久投手は、何を考えながらプロ生活のスタートを切ったのだろうか。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新人合同自主トレ初日を終えたドラ1左腕は「常に目的と目標を明確にしながら、1日1日成長していきたいと思います」と語った。

「自分としては、目的とは1年を通してのもの。目標とは1か月ごとに変わるものだと思っていて、3か月ごとの目標も設定しています」と説明。その上で「今月の目標は基礎体力づくりと(プロの)環境に順応すること。これを達成して、2月のキャンプを迎えたい」と理路整然と語った。

 この日は、楽天の新人合同自主トレ恒例の「20メートルシャトルラン」が行われた。一定のリズムに合わせて20メートルの距離を往復。練習場内に響く電子音が「ドレミファソラシド」の8音を奏で終わるまでに20メートルを走り切り、ターンしなければならないが、音は徐々に速くなっていく。テンポについていけなくなり、20メートルを走り切れなくなった所で終了。それまでにクリアできた回数が記録となる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」