野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天ドラ2高田、同期“ドラ1”へライバル心全開 「負けたくない」「絶対勝ちたい」

持ち前の負けん気が爆発した。楽天ドラフト2位の最速156キロ右腕、高田孝一投手(法大)は10日、楽天生命パークで行われた新人合同自主トレ初日に参加。恒例の「シャトルラン」では、新人7人中トップの129回をマークした。ドラフト1位の早川隆久投手(早大)は119回で4位だった。

シャトルランで並走する早川隆久(右)と高田孝一【写真:宮脇広久】
シャトルランで並走する早川隆久(右)と高田孝一【写真:宮脇広久】

ライバルの存在が自分を成長させる「いい投手がずっと身近にいる環境」に感謝

 持ち前の負けん気が爆発した。楽天ドラフト2位の最速156キロ右腕、高田孝一投手(法大)は10日、楽天生命パークで行われた新人合同自主トレ初日に参加。恒例の「シャトルラン」では、新人7人中トップの129回をマークした。ドラフト1位の早川隆久投手(早大)は119回で4位だった。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「気合で走りました」と高田は胸を張った。20メートルの距離を延々と往復し、時間内に走りきれなかった者から脱落していく過酷なシステム。高田は「球団が設定した目標は100回でしたが、それを超えてもほぼ全員の選手が残っていた。これは負けていられない、1位を取ってやろうと思いました」と言い切った。

 もともと走ることは嫌いで、法大3年まではウエートトレ中心で鍛えていた。しかし、勉強を重ねるうちに「本番の試合でおもりを付けて投げるわけではない。効果的なのは走り込みではないか?」と考えが変わり、4年に進級すると走り込み中心へ切り替えた。その際、法大同期の鈴木昭汰投手(ロッテ1位指名)に練習メニューを聞き参考にしたと言う。2人で一緒に走る機会も増えた。

 高田と鈴木は2枚看板として法大を牽引したが、1カード2試合制で行われた昨年の東京六大学秋季リーグでは、主に鈴木が第1戦、高田は第2戦に先発した。高田にとって鈴木は、常に自分より前を歩く存在だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」