野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ野球の新成人は52人…中日根尾や日ハム吉田輝ら「黄金世代」の現在地は?

11日は成人の日。プロ野球界でも、育成を含む52人の選手が晴れて大人の仲間入りを果たした。顔ぶれを見ると、甲子園を沸かせたスターやブレーク間近の有望株がそろう“黄金世代”。2021年シーズンへと向かう主な新成人たちの現在地を見てみたい。

ロッテ・藤原恭大、中日・根尾昂、広島・小園海斗、日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史、石川加奈子】
ロッテ・藤原恭大、中日・根尾昂、広島・小園海斗、日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史、石川加奈子】

戸郷は昨季チーム2位の9勝、根尾はプロ初安打も9試合出場

 11日は成人の日。プロ野球界でも、育成を含む52人の選手が晴れて大人の仲間入りを果たした。顔ぶれを見ると、甲子園を沸かせたスターやブレーク間近の有望株がそろう“黄金世代”。2021年シーズンへと向かう主な新成人たちの現在地を見てみたい。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

○戸郷翔征投手(巨人・2000年4月4日生)
19試合、107回2/3、9勝6敗、防御率2.76

 世代の筆頭格。昨季は開幕ローテ入りを果たすと、エースの菅野とともに先発陣を牽引。新人王争いは、終盤に失速して惜しくも広島・森下との一騎討ちに敗れたが、チーム2位の9勝を挙げた。メジャー挑戦を検討していた菅野が残留することになり、今季も両輪としての活躍が期待される。

○根尾昂内野手(中日・2000年4月19日生)
9試合、23打数2安打、0本塁打、0打点、打率.087

 春夏通じて3度の全国制覇を経験した甲子園のスター。2年目の20年は1軍9試合出場ながら、8月11日の広島戦(マツダ)では通算17打席目にしてプロ初安打を記録した。外野にも挑戦して可能性を模索。一方で、昨オフの契約更改では遊撃レギュラーの京田への挑戦を宣言した。3年目にブレークのきっかけをつかみたい。

○藤原恭大外野手(ロッテ・2000年5月6日生)
26試合、96打数25安打、3本塁打、10打点、打率.260

 昨季終盤にコロナ禍に見舞われたチーム状況にともなって1軍に昇格すると、昨年10月14日の楽天戦(ZOZOマリン)では、涌井から先頭打者アーチを放ってプロ初弾を記録。出場数こそ26試合だったが、今季の覚醒を十分に予感させる存在感を見せた。人気もうなぎのぼりで、将来のロッテを背負って立つ存在になることが期待される。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」