野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ入り後に球速10キロ減… 元中日右腕「想像と真逆の野球人生」でも未練なき訳

後ろ髪を引かれることはない。昨年限りで現役を引退した元中日投手の阿知羅拓馬氏は、晴れやかな気持ちで2021年を迎えた。7年間のプロ人生。苦しい時期の方が多かったが「悔いは全くない」と言う。現役続行にこだわってもおかしくない28歳がすんなりとユニホームを脱いだ決断は、少し意外とも思える。

昨年限りで現役を引退した元中日投手の阿知羅拓馬氏【写真:津高良和】
昨年限りで現役を引退した元中日投手の阿知羅拓馬氏【写真:津高良和】

2020年限りで中日を戦力外となった阿知羅拓馬氏

 後ろ髪を引かれることはない。昨年限りで現役を引退した元中日投手の阿知羅拓馬氏は、晴れやかな気持ちで2021年を迎えた。7年間のプロ人生。苦しい時期の方が多かったが「悔いは全くない」と言う。現役続行にこだわってもおかしくない28歳がすんなりとユニホームを脱いだ決断は、少し意外とも思える。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 どのルーキーとも同じ思いで、プロの門をくぐった。2013年のドラフト3位で、JR東日本から入団。「もちろん、1軍でバリバリ投げるイメージしか持っていませんでした。でも、現実は甘くなかった」。1年目の14年は1軍登板がなく、2軍戦でも10試合で防御率10.64。15年も1軍デビューは遠かった。フォームは崩れ、気がつけばアマチュア時代から球速は10キロ落ちていた。

「プロに入って周囲に圧倒され、できないところまでやろうとして自分を崩しちゃう。その壁を自分は越えられなかったのかなと思います」

 16年はリリーフとして1軍13試合に登板して防御率2.51と兆しを見せたが、18年は故障の影響もあって1軍マウンドから遠ざかった。19年は先発として7試合に登板して念願のプロ初勝利も挙げたものの、20年は再び1軍登板ゼロ。「いい時は手がつけれないほどだけど、悪い時はストライクも入らなくなる。調子の波が激しかった」。その波に乗れないまま、昨年11月に戦力外通告を受けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」