野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大学では登板ゼロも1年後にプロへ 楽天新人を変えた元鷹ドラ1の「衝撃的な一言」

右のサイドスローから最速153キロの速球を繰り出し「栃木の林昌勇」の異名を取った楽天の育成ドラフト1位ルーキー石田駿投手。九産大時代は公式戦登板なしの無名の存在だったが、わずか1年間でプロ注目の剛速球投手へと育ててくれた恩師のためにも早期の支配下昇格を目指す。

BC栃木・巽投手コーチのユニホームを寮へ持ち込んだ楽天・石田駿【写真提供:楽天野球団】
BC栃木・巽投手コーチのユニホームを寮へ持ち込んだ楽天・石田駿【写真提供:楽天野球団】

元ホークスドラ1巽真悟から石田へのアドバイス「だいたいの辺り」

 右のサイドスローから最速153キロの速球を繰り出し「栃木の林昌勇」の異名を取った楽天の育成ドラフト1位ルーキー石田駿投手。九産大時代は公式戦登板なしの無名の存在だったが、わずか1年間でプロ注目の剛速球投手へと育ててくれた恩師のためにも早期の支配下昇格を目指す。

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 石田は今月6日、楽天の泉犬鷲寮へ入寮した際、昨年1年間在籍したBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの背番号「99」のユニホームを持ち込んだ。石田自身の背番号は「15」だった。このユニホームは栃木の巽真悟投手コーチのものだった。巽コーチの直筆でサインと「名を馳せろ!」という激励の言葉が書き込まれていた。

 巽コーチは現役時代、2008年のドラフト1位で近大からソフトバンクに入団。本格派右腕として期待されたが、在籍8年間で通算1勝4敗に終わり、2016年オフに戦力外通告を受けた。

 その後、NPB合同トライアウトを受験したが、NPB球団からのオファーはなし。それでもトレーニングを継続し、翌年もトライアウトに挑戦したものの、またもやNPB球団からの誘いはなかった。2019年から現職に就任したこの巽コーチが、石田の運命を変えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」