DeNA、21年スローガンは「横浜一心」 三浦監督自ら考案「結束が必要不可欠」

DeNA・三浦大輔監督【写真:上野明洸】
DeNA・三浦大輔監督【写真:上野明洸】

「すべてがひとつになる時、横浜DeNAベイスターズとしての本当の強さになる」

 DeNAは12日、2021年シーズンのスローガンを「横浜一心」に決めたと発表した。三浦大輔新監督が自ら考案したシーズンスローガンで、選手やコーチだけでなく、ファン、スタッフ、横浜の街すべてが結束。チームとなって日本一を目指していくという思いが込められている。

 この日、横浜市内の球団誕生10周年記者会見を行い発表した。三浦監督は「2021年シーズンより監督に就任するにあたり、シーズンを勝ち抜いていく上でチームがこれまで以上に結束することが必要不可欠だと考えています。私の考えるチームとは、選手やコーチ・スタッフだけではなく、横浜の街、そしてファンの皆さますべてです。そのすべてがひとつになる時、横浜DeNAベイスターズとしての本当の強さになると感じています。選手時代に経験させてもらった優勝の喜びを、今度は監督として横浜の街、そしてファンの皆さまと一緒に分かち合えるシーズンにしていきたいので、一緒に戦いましょう! ヨ・ロ・シ・ク!!」とコメントした。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY