野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最高年俸8.5億円 MLB通算196発スモークが巨人入りを決断した理由とは?

巨人の新戦力として今季加入するジャスティン・スモーク内野手。メジャー通算196本塁打の実績を誇る大砲で、巨人にとっては打線の中心として期待する存在だ。

巨人に加入するジャスティン・スモーク【写真:Getty Images】
巨人に加入するジャスティン・スモーク【写真:Getty Images】

地元TV局のディレクターのインタビューに答える

 巨人の新戦力として今季加入するジャスティン・スモーク内野手。メジャー通算196本塁打の実績を誇る大砲で、巨人にとっては打線の中心として期待する存在だ。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2017年には37本塁打を放ち、2019年にはブルージェイズと年俸800万ドル(約8億5000万円)の大型契約を結んでいたスモーク。そんな“大物”がなぜ日本球界入りを決断したのだろうか。

 この決断の理由をスモーク自身が語っている。地元サウスカロライナ州の地元テレビ局「WCIV」のスポーツディレクターであるスコット・エイスバーグ氏がスモークにインタビューし、その模様を自身のツイッターで公開している。

 新型コロナウイルスの感染拡大で60試合制で行われた昨季のメジャーリーグ。選手の年俸も大幅に削減され、今季もシーズンの行方は不透明な状況になっている。選手の移籍市場も停滞しており、トレバー・バウアー投手や田中将大投手といった大物FA選手の去就もまだ定まっていない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」