野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

守備指標でみる12球団“最強”の二遊間は? 巨人が健闘、鷹は遊撃が流動的も安定

守備の要といえば、センターライン。中でも二遊間はチームの屋台骨として大きな役割を果たす。強いチームには必ずと言っていいほど鉄壁の二塁手と遊撃手がいるもの。そこで、12球団別の二遊間の頼もしさを守備指標で見てみたい。

西武・源田壮亮(左)と巨人・吉川尚輝【写真:荒川祐史】
西武・源田壮亮(左)と巨人・吉川尚輝【写真:荒川祐史】

守備の総合指標「UZR」で評価した“二遊間の貢献度”

 守備の要といえば、センターライン。中でも二遊間はチームの屋台骨として大きな役割を果たす。強いチームには必ずと言っていいほど鉄壁の二塁手と遊撃手がいるもの。そこで、12球団別の二遊間の頼もしさを守備指標で見てみたい。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 用いたのは、守備全般での貢献度を示す「UZR(Ultimate Zone Rating)」。リーグにおける同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだかを表す。検証には、セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。

○二塁手
巨人 18.3
西武 16.7
オリックス 10.5
ロッテ 3.7
広島 3.0
ソフトバンク 3.0
中日 -2.1
楽天 -4.3
ヤクルト -5.7
DeNA -12.3
阪神 -14.9
日本ハム -15.9

○遊撃手
西武 17.7
ソフトバンク 17.3
中日 9.8
巨人 9.2
日本ハム 4.1
オリックス 2.4
阪神 -2.3
楽天 -8.9
DeNA -10.3
ロッテ -11.6
広島 -12.2
ヤクルト -15.3

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」