野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人、ソフトバンクらの宮崎キャンプは無観客で実施 緊急事態宣言下のため

ソフトバンクは15日、2月1日から宮崎市の生目の杜運動公園で行う予定の春季キャンプを、緊急事態宣言が解除されるまでの間、無観客で実施すると発表した。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

政府及び宮崎県独自の緊急事態宣言が双方解除されるまでの間

 ソフトバンクは15日、2月1日から宮崎市の生目の杜運動公園で行う予定の春季キャンプを、緊急事態宣言が解除されるまでの間、無観客で実施すると発表した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新型コロナウイルスの感染拡大により、福岡県を含む11都府県に政府は緊急事態宣言を発出。宮崎県も独自に緊急事態を宣言している。宮崎県からの要請を受け、県内でキャンプを行う西武、巨人、ヤクルト、オリックス、広島の球団とともに、双方の緊急事態宣言が解除されるまでキャンプを無観客とすることを決めた。

 ソフトバンクの発表によると、有観客実施への移行は国と宮崎県独自の「緊急事態宣言」及び「感染急増圏域」の全てが解除され、状況が改善した上で、宮崎県および受け入れ自治体と相談して改めて検討するとしている。

 ソフトバンクはキャンプに参加する監督、コーチ、選手及びスタッフ全員がPCR検査を受検し、陰性を確認した上で宮崎へと移動する。またキャンプ期間中は「不要不急の外出の自粛」など、宮崎県と宮崎市からの行動要請を遵守したキャンプを実施するとしている。また、観覧チケットの払い戻し等は詳細が決まり次第、公式サイトで発表する。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」