過去10年で最も強かった球団、弱かった球団は? 交流戦ではセパに圧倒的な差…

巨人・原監督、ソフトバンク・工藤監督、西武・辻監督(左から)【写真:読売巨人軍、荒川祐史】
巨人・原監督、ソフトバンク・工藤監督、西武・辻監督(左から)【写真:読売巨人軍、荒川祐史】

10年間の勝敗で1位はソフトバンク、2位は巨人に

 ソフトバンクが4年連続の日本一に輝いた2020年のプロ野球。年が明けて2月1日からは各球団がキャンプインし、また新たなシーズンがスタートする。果たして、今季はソフトバンクを止める球団が出てくるだろうか。

 近年はソフトバンクが圧倒的な強さを見せているプロ野球界だが、10年のスパンで見ると、好成績を残しているのはどの球団なのか。ペナントレーストータルの成績、そしてセ・リーグ球団とパ・リーグ球団が戦う交流戦(昨季は新型コロナウイルス感染拡大のため中止)の成績から見ていこう。

 2011年から2020年までの10年間で最も多い804勝をマークしたのは、やはりソフトバンクだった。10年で5度のリーグ優勝、7度の日本一に輝いており、勝率も6割に迫る.591と圧倒的な強さを記録しており、10年間の貯金は248にもなる。

 2位は752勝をあげた巨人。昨季リーグ2連覇を果たした巨人は10年間で5度のリーグ優勝を果たしており、貯金は149に。3位には2016年から2018年までセ・リーグ3連覇を果たした広島が入る。10年間で714勝をあげ、勝率は.525となった。

 4位の西武は広島を上回る715勝をマークしているが、勝率は.523。5位の日本ハムまでが10年間の勝率で5割を超えており、残る7球団は10年間のスパンでは負け越しているという結果になった。

交流戦は上位6球団のうち5球団をパ・リーグが占める

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY