野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団で真の“チャンスに強い打者”は誰? 打撃指標で見る意外な結果は…

野球を科学的に分析することを目指すセイバーメトリクスの分野。一概にこれだけで選手を評価できるわけではないが、野球を統計学的見地から客観的に評価するもので、メジャーリーグでは采配やチーム編成に積極的に取り入れられているものである。

日本ハム・中田翔(左)とソフトバンク・柳田悠岐【写真:石川加奈子、荒川祐史】
日本ハム・中田翔(左)とソフトバンク・柳田悠岐【写真:石川加奈子、荒川祐史】

セイバーメトリクスの打撃指標「WPA」と「Clutch」で検証

 野球を科学的に分析することを目指すセイバーメトリクスの分野。一概にこれだけで選手を評価できるわけではないが、野球を統計学的見地から客観的に評価するもので、メジャーリーグでは采配やチーム編成に積極的に取り入れられているものである。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 そのセイバーメトリクスの指標の1つに「WPA(Win Probability Added)」という指標がある。これは勝利期待値を基に、選手がどれだけ勝利期待値を増減させたかによって貢献度を評価する指標だ。

 例えば、同点の1回裏無死一塁でのツーランは勝利確率を58.3%から73.5%に高め、この差分が打者の「WPA」に加算される。また、同じツーランでも、1点ビハインドの9回裏無死一塁で放つと、勝利確率が33.4%から100%になるため、WPAの変動は0.666となる。一方で併殺に倒れたり、チャンスを潰すと減少は大きくなる。

 勝負の分かれ目となる重要な局面での一打ほど加算が多くなる「WPA」。では、シーズンを通して、よりチームの勝利期待値の増加に寄与した“ここ1番に強い”選手はどの選手だったのか。セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを基に、上位10人を見てみよう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」