野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武・源田、目標は「守備率10割」 箱根駅伝で力走した愛妻の弟に「勇気もらった」

西武・源田壮亮内野手が19日、年明けから埼玉県所沢市内の球団施設で取り組んでいる自主トレ後にオンラインで報道陣の取材に応じた。パ・リーグ遊撃手部門で3年連続3度目のゴールデングラブ賞に輝いた守備の名手は、昨年二塁手として史上初のシーズン無失策を達成した広島・菊池涼介内野手に刺激を受け、自身も「守備率10割」を目標に掲げた。

西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】
西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】

送球ミス減へ「ファーストが捕りやすいワンバウンド送球の練習も始めた」

 西武・源田壮亮内野手が19日、年明けから埼玉県所沢市内の球団施設で取り組んでいる自主トレ後にオンラインで報道陣の取材に応じた。パ・リーグ遊撃手部門で3年連続3度目のゴールデングラブ賞に輝いた守備の名手は、昨年二塁手として史上初のシーズン無失策を達成した広島・菊池涼介内野手に刺激を受け、自身も「守備率10割」を目標に掲げた。

【写真】幸せそうな表情の西武源田と妻・美彩さん、純白のウェディング姿にファンも「本当にきれい」とうっとりした実際の写真

 源田自身、好守備を見せるたびにネット上に「#源田たまらん」のフレーズ入りの書き込みがあふれるほど、芸術的な守備で知られるが、上には上がいるということか。「正直言って、二遊間を守っていて1年間ノーエラーでいくのは不可能ではないかと思っていました。菊池さんがやってのけて、単純にスゲーなと思うと同時に、『できるんだ』という希望をもらった」と語り、「僕も目指したい」とキッパリ。昨年は守備機会534で9失策を喫し、守備率は.983だった。

 ノーエラーを達成するためのプランも描いている。黒田内野守備・走塁コーチと意見交換し、「昨年はもったいない送球エラーが多かった。余裕を持って送球すれば、アウトにできていたケースもあった」と反省。既に今オフ、「ファーストが捕りやすいワンバウンド送球の練習も始めた」と明かす。

 一方、硬式テニスボールを使った独特のノックは、社会人時代から現在に至るまで継続している。野球の硬球に比べ、軟らかく軽量のテニスボールは、不規則な変化をするためゴロ捕球が難しい。源田は「ハンドリングの良い練習になるし、下半身も鍛えられる。社会人時代の“初心”に戻る意味もある」とうなずく。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」