鷹が最多の6人、西武は外国人枠下回る4人…今季の12球団助っ人陣容は?【パ編】

ソフトバンクに加入するコリン・レア(左)とロッテに加入するアディニー・エチェバリア【写真:Getty Images】
ソフトバンクに加入するコリン・レア(左)とロッテに加入するアディニー・エチェバリア【写真:Getty Images】

ソフトバンクはレイの加入で投手4人、野手2人の構成に

 2021年が幕を開けて、早くも半月が経過した。球春到来となるキャンプインまであとわずか。現在、選手たちは自主トレを進め、2月1日のキャンプインに向けて身体づくりに励んでいるところだ。

 新型コロナ禍で各球団の助っ人たちも徐々に来日し始めている。各球団の新助っ人たちもほぼ固まってきたと見られる。キャンプインまで、残り2週間ほど。ここで各球団の助っ人の構成をチェックしていこう。

 近年は外国人枠を上回る助っ人を在籍させることが珍しくなくなり、外国人も枠を争う競争に置かれることが珍しくない。ただ、今季のパ・リーグではソフトバンクの6人が最多。他の球団は枠内の5人ないし4人という構成に現時点ではなっている。

【ソフトバンク】
・投手
カーター・スチュワートJr.
リバン・モイネロ
デニス・サファテ
コリン・レイ※
・野手
ジュリスベル・グラシアル
アルフレド・デスパイネ

 4年連続で日本一となっているソフトバンク。2年連続でのリーグ優勝、5年連続の日本一を目指す今季は現状、助っ人6人という状況になっている。新助っ人はレイの1人。育成でキューバ人のアンディ・ロドリゲス投手を獲得しており、その力によっては早い段階での支配下登録の可能性も。ムーア、バンデンハークの去就はまだ不透明だが、退団の可能性が高い。

ロッテはメジャー実績豊富なエチェバリア加入

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY