驚異の奪三振率を誇る最強左腕 鷹モイネロが地元紙に明かした成功の要因とは?

ソフトバンクのリバン・モイネロ【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのリバン・モイネロ【写真:荒川祐史】

国内リーグ不出場の理由は「休養を取らなければいけない状態」

 4年連続で日本一に輝いたソフトバンクで鉄壁のセットアッパーとして君臨するリバン・モイネロ投手。昨季は50試合で奪三振率は驚異の14.44を記録し、38ホールドで最優秀中継ぎ投手のタイトルに輝いた。

 2017年に育成選手としてソフトバンクに加入したモイネロ。1年目の6月に、早くもその実力を認められて支配下登録されると、その後はホークス救援陣にとって不可欠な存在に。4年間で193試合に登板し、14勝8敗6セーブ100ホールド、防御率2.48という成績を残している。

 そのモイネロがキューバの地元紙「ゲリイェーロ」のインタビューに応え、日本で成功した要因などを語っている。

 昨季は150キロを超える真っ直ぐと強烈なカーブなどを武器にして、48イニングで77個もの三振を奪ったモイネロ。「スピードに関して、97マイル(約156.1キロ)を維持できているのはトレーニングの成果。私はトレーニング狂いになった」と語り、成長はトレーニングの賜物だと語っている。

来日後に習得したスライダーとツーシームが効果を発揮

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY