野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督が大爆笑した松田宣の“満点右打ち” なぜベンチから総ツッコミ?

2021年も幕をあけ、球春到来となる2月1日のキャンプインまであと2週間を切った。コロナ禍で我々に勇気や希望、元気を与えてくれるプロ野球。今季はどんなドラマが待っているか、楽しみにしているファンも多いことだろう。

ソフトバンク・松田宣浩【画像:パーソル パリーグTV】
ソフトバンク・松田宣浩【画像:パーソル パリーグTV】

松田宣はサインを確認しチャンスを広げる右前打を放ったが…

 2021年も幕をあけ、球春到来となる2月1日のキャンプインまであと2週間を切った。コロナ禍で我々に勇気や希望、元気を与えてくれるプロ野球。今季はどんなドラマが待っているか、楽しみにしているファンも多いことだろう。

【動画】「強いチームの余裕」 鷹松田宣が完璧な右打ちを見せるもベンチから総ツッコミを受ける実際の映像

 そんな球春到来を前に「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネルでは昨季、同チャンネルで公開された動画の中から100万回再生を達成し話題となった動画を紹介中。コロナ禍で沈む気分を盛り上げてくれた“伝説の動画”を振り返っている。

 日本シリーズ4連覇を達成した王者の風格。昨季“100万再生”を超えた1本は、昨年10月23日の西武戦(PayPayドーム)でソフトバンク松田宣浩内野手が工藤監督らベンチから“総ツッコミ”を受けた華麗な右打ちだ。

 1-1で迎えた6回無死二塁。松田宣は打席に入る前に三塁の村松ベースコーチのサインを確認。一発で理解できず三塁ベースコーチに歩み寄って再びサインを確認。昨季0犠打の男に送りバントの可能性もあったが、初球の直球を右前へ打ち返したチャンスを広げた。

 完ぺきな一打になぜか工藤監督はベンチ内で口を抑えて爆笑。首脳陣も一塁ベース上で笑顔を見せる松田宣に総ツッコミだった。試合後に工藤監督は松田の一打について「右打ち」のサインだったと明かしている。

「やればできる!」と言わんばかりの総ツッコミ。チームの雰囲気の良さが伝わる光景にファンも「強いチームの余裕」「雰囲気マジで良い」「監督もマッチも超ご機嫌」「周りを笑顔にするマッチ」と多くのコメントが寄せられていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」