野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロマン溢れる有望株、ルーキーも6人抜擢… 阪神の1軍キャンプで期待の若手

2021年のキャンプインまで残すところ1週間ほど。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で当面の間は無観客での実施となる12球団の春季キャンプだが、各球団は続々とこのキャンプの1軍、2軍の組み分けを発表していっている。

阪神ドラフト1位・佐藤輝明(左)と同2位・伊藤将司【写真:宮脇広久、鳥越涼芳】
阪神ドラフト1位・佐藤輝明(左)と同2位・伊藤将司【写真:宮脇広久、鳥越涼芳】

ドラフト1位の佐藤だけでなく2位の伊藤ら新人6人が1軍抜擢

 2021年のキャンプインまで残すところ1週間ほど。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で当面の間は無観客での実施となる12球団の春季キャンプだが、各球団は続々とこのキャンプの1軍、2軍の組み分けを発表していっている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨季セ・リーグ2位に入り、今季2005年以来、16年ぶりのリーグ優勝を目指す阪神。1軍キャンプには41人が参加し、ルーキーも6人が抜擢されている。その1軍キャンプに参加する期待の若手たちを見ていこう。

・西純矢投手

 2019年のドラフト1位右腕。ルーキーイヤーはウエスタン・リーグで11試合に登板してチームトップの4勝をマークした。昨季はファームで鍛え、経験を積んだ。成長した姿を見せて1軍への切符を掴みたい。

・伊藤将司投手

 横浜高、国際武道大、JR東日本を経て、ドラフト2位で入団したルーキー左腕。最速146キロの先発タイプの左腕で開幕ローテ入りも期待される。1軍キャンプ、オープン戦でアピールし、開幕1軍入りを目指す。

・佐藤蓮投手

 静岡の飛龍高から上武大を経て、阪神に入団したドラフト3位ルーキー。最速155キロの真っ直ぐを武器とし、こちらはリリーフタイプの右腕だ。カットボールやフォークなど変化球も多彩で、リリーフ陣に割って入ってこれるか。

・石井大智投手

 秋田工業高専から四国アイランドリーグplusの高知を経て、ドラフト8位で阪神へ。5年制の高専卒業者では、史上初めてのドラフト指名選手。最速153キロの真っ直ぐを武器に一気に開幕1軍入りも狙う。

・栄枝裕貴捕手

 立命館大からドラフト4位で指名された強肩が自慢の捕手。フットワークも軽く走攻守兼ね備え、1軍キャンプに抜擢された。梅野、坂本、原口といった先輩捕手に交じってアピールし、1軍に割って入ることはできるか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」