野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹は周東がリード、ロッテは藤原&和田に荻野… 熾烈なパ・リーグの“1番打者争い”

なかなか固定するのが難しいとされる1番打者。キャンプインまで1週間を切ったが今年はどのようなリードオフマンが生まれるのかも楽しみの一つ。昨季のパ・リーグでは固定できた球団は少なく、長打力のある選手が思い切って1番に起用されることもあった。一方でしっかりと適性を見せた若手もいた。昨年のパ6球団のトップバッター事情について見ていきたい。

ソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】
ソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】

西武は秋山の抜けた穴を埋めるのが急務、スパンジーが入ることも

 なかなか固定するのが難しいとされる1番打者。キャンプインまで1週間を切ったが今年はどのようなリードオフマンが生まれるのかも楽しみの一つ。昨季のパ・リーグでは固定できた球団は少なく、長打力のある選手が思い切って1番に起用されることもあった。一方でしっかりと適性を見せた若手もいた。昨年のパ6球団のトップバッター事情について見ていきたい。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○ソフトバンク
 
 開幕前から絶好調だった栗原陵矢捕手が序盤はトップバッターとして出場。内外野をこなす汎用性とパンチ力を活かし、そのままレギュラーとしてシーズンを完走した。その栗原がクリーンアップに回ると9月以降は周東佑京内野手が定着。打率.270、出塁率.325と打撃面の成長も著しく、足のスペシャリストから鷹の切り込み隊長へと進化を続けている。

○ロッテ

 序盤は主に2019年にリーグ3位の打率.315を記録した荻野貴司外野手が1番に座った。しかし7月22日の西武戦で右足を痛め、離脱。打率.333、出塁率.415と絶好調だったが、その後は福田秀や角中勝也外野手が入った。頭角を表したのは支配下登録された和田康士朗外野手だ。俊足と広い守備範囲を活かし、代走のみならずスタメン、1番打者としてもインパクトを残した。そのほか加藤翔平外野手も座った。新型コロナウイルス感染の影響で主力が大量離脱した終盤は、高卒2年目の藤原恭大外野手も1番に入り、力を見せた。

○西武

 不動の1番打者だった秋山翔吾外野手(現レッズ)が退団し、その穴を埋めることが急務だった。新外国人のスパンジェンバーグ外野手(今季から登録は内野手)をトップバッターに据える思い切った策を採用した。その後は鈴木将平外野手、高木渉外野手、外崎修汰内野手や木村文紀外野手らを試し、最後は金子侑司外野手が1番打者に定着した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」