野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「大谷翔平は野球の中心になるはずだ」 元・名物実況ロハス氏が抱く特別な思い

「大谷翔平は野球の中心になるはずだ」 元・名物実況ロハス氏が抱く特別な思い

エンゼルス戦の実況アナウンサーを引退してレンジャーズ傘下2Aフリスコの球団社長兼GMに転身するビクター・ロハスさんが、Full-Count編集部のインタビューに応じた。2010年から米放送局「FOXスポーツウエスト」のエンゼルス戦の実況を務め、大谷翔平投手が本塁打を放った際の「ビッグフライ! オオタニサン!」の名台詞で、日本のファンにも親しまれてきた。大谷や日本ファンへ抱く特別な思いを語り尽くした。

長きにわたりエンゼルス戦の実況を務めたビクター・ロハス氏【写真:盆子原浩二】
長きにわたりエンゼルス戦の実況を務めたビクター・ロハス氏【写真:盆子原浩二】

昨季までエ軍の名物実況を務めたロハス氏にインタビュー「ショウヘイが25本塁打を打てない理由はありません」

 エンゼルス戦の実況アナウンサーを引退してレンジャーズ傘下2Aフリスコの球団社長兼GMに転身するビクター・ロハスさんが、Full-Count編集部のインタビューに応じた。2010年から米放送局「FOXスポーツウエスト」のエンゼルス戦の実況を務め、大谷翔平投手が本塁打を放った際の「ビッグフライ! オオタニサン!」の名台詞で、日本のファンにも親しまれてきた。大谷や日本ファンへ抱く特別な思いを語り尽くした。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 二刀流の完全復活を目指すショウヘイへ――。名物実況だったロハス氏が愛の溢れるメッセージを送った。

「ルーキーシーズンを開始した時のような姿を取り戻して欲しいと思っています。ショウヘイは野球を世界的に成長させる上で中心的な存在になるはずです。昨年はレンドンが加わり、ショウヘイのプレッシャーは更に取り除かれました。チームを引っ張る選手になる必要がなくなったわけですから。それによって、もっと気楽に構えることができればいいなと思っています」

 大谷は18年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、昨季は7月26日(日本時間27日)の敵地アスレチックス戦で693日ぶりに投手復帰。8月3日(同4日)に右屈曲回内筋群の損傷と診断されて打者に専念した。わずか2試合登板、0勝1敗、防御率37.80。打者としては打率.190、7本塁打、24打点と不本意な成績に終わった。ロハス氏は昨季グラウンドなどで取材はできなかったが、放送席から異変を感じ取っていた。

「ショウヘイが昨年問題を抱えていたのは疑う余地はありません。投手として離脱した時、打者に専念してシーズンを終えた数年前と同様に、打撃は大丈夫だろうと思いました。しかし、昨年ほど打席で窮屈そうに見えたことは他にありません。何が原因かはわかりませんが、過去に私たちが見たショウヘイとは間違いなく違っていました」

「もし健康で普段通りの姿に戻れば、25本塁打を打てない理由はありません。それぐらい素晴らしい選手なのです。しかし鍵となるのは、あらゆる面で100%健康な状態でいること、そして投球と打撃のバランスを見つけることです。その状態でなら一番力を発揮でき、チームを総合的にカバーできるでしょう」

 父は元エンゼルス監督のクッキー・ロハス氏。自身もエンゼルス傘下で投手だった。17年オフにベーブ・ルース以来の二刀流選手としてやってきた大谷に衝撃を受けたという。「ずば抜けた才能がある若者で、とても優雅にプレーする選手です。いとも簡単にやっているように見せ、素晴らしい笑顔も見せてくれます」。人間的な魅力にも取り憑かれた。

「非常に腰が低く、優しいですね。非常に親しみやすい人物と言いますか、そう言う雰囲気がありますし、そういう振る舞い方をしています。同僚たちは彼のことが好きですし、ユーモアも好きです。そして彼がアメリカの文化に慣れれば慣れるほど、もっと人前で心地良い気分になるでしょう」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」