「かめはめ波」「とんでもない球」166キロ剛腕の“捕手目線”投球動画にファン驚愕

レッズのハンター・グリーン【写真:Getty Images】
レッズのハンター・グリーン【写真:Getty Images】

レッズ傘下グリーンは22年のメジャーデビューが期待されている

 最速166キロの剛速球を誇るレッズ傘下のハンター・グリーン投手。2019年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受け、2022年のメジャーデビューを期待されているが、大リーグ公式サイトの若手有望株ランキングでは球団2位(全体47位)と米球界の注目度は高い。

 2017年ドラフト1巡目(全体2位)でレッズ入りした21歳グリーンが、このほど自身のインスタグラムにブルペン投球動画を公開。捕手目線で撮影された映像で、迫力満点の剛速球を投じている。インディアンス傘下のウィル・ベンソン外野手も「痺れるね」とコメントする球筋だ。

 ファンからは「かめはめ波」「恐いね」「夜通し見ていられる」「将来メッツでプレーすることを願っているよ……。その日が訪れるまで最高の姿を見せ続けてね」「最高だね!」「この男がメジャーの舞台で投げる姿を見るために、既に僕は4年も待っているよ」「その映像見たよ。とんでもない球にビビっちゃってさ。(思わず)飛び上がったんだ!!!」などとコメントされている。

【動画】閲覧注意? ファンが「思わず飛び上がったんだ」と衝撃を受けた166キロ右腕グリーンのブルペン投球映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY