鷹は柳田&千賀&周東、西武山川やロッテ鳥谷も…パのキャンプ1軍から外れた選手は?

ソフトバンク・柳田悠岐(左)と西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・柳田悠岐(左)と西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

鷹・周東は右肩が万全でない状態、ロッテ井上も2軍スタート

 いよいよ2月1日に“球春”を迎える。プロ野球12球団が一斉にキャンプイン。新型コロナウイルス感染拡大に伴って無観客での開催となるが、選手たちは順調な調整をして開幕につなげたいところ。中には故障での出遅れや、マイペース調整となるベテランも。ここではパ・リーグ6球団のキャンプ1軍から外れた主な顔ぶれを見ていきたい。

○ソフトバンク
 柳田悠岐外野手、千賀滉大投手、周東佑京内野手の主力3人がA組から外れた。柳田はアキレス腱のコンディション不良、千賀は両ふくらはぎ、周東は昨季中から痛めていた右肩の状態がまだ万全でなく、無理をさせないという。

○ロッテ
 プロ18年目を迎える鳥谷敬内野手をはじめ、井上晴哉内野手、平沢大河内野手、角中勝也外野手、荻野貴司外野手らは2軍スタートに。新外国人のアデイニー・エチェバリア内野手ら助っ人4選手も1軍から外れた。

○西武
 41歳シーズンで復活を目指す松坂大輔投手や、今年39歳を迎える内海哲也投手は2軍スタートに。昨季に精彩を欠いた主砲・山川穂高内野手やドラフト1位ルーキーの渡部健人内野手(桐蔭横浜大)も1軍メンバーから外れた。

6年目迎えた楽天オコエ、リハビリ中の日本ハム斎藤佑樹も

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY