野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大の楽天復帰はなぜ実現した? ヤ軍との交渉決裂、三木谷オーナーの大号令

8年ぶりの楽天復帰が決まった田中将大投手が30日、東京都内で入団会見を開いた。「正直に言えば、ヤンキースと再契約したかった」とも明かしたマー君は、なぜ楽天電撃復帰を決断したのか。そこには複雑な事情と思いが絡んでいる。

楽天の入団会見に臨んだ田中将大(左)と三木谷浩史会長兼オーナー【写真:荒川祐史】
楽天の入団会見に臨んだ田中将大(左)と三木谷浩史会長兼オーナー【写真:荒川祐史】

三木谷オーナーの大号令は迷うことなく「絶対獲れ」

 8年ぶりの楽天復帰が決まった田中将大投手が30日、東京都内で入団会見を開いた。「正直に言えば、ヤンキースと再契約したかった」とも明かしたマー君は、なぜ楽天電撃復帰を決断したのか。そこには複雑な事情と思いが絡んでいる。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人・菅野智之投手の今季年俸8億円を大幅に超え、NPB史上最高額の年俸9億円プラス出来高で2年契約を結んだとされる田中(金額は推定)。この日は、「2年という契約になっておりますけれど、1年終わった段階で、球団とお話をする機会を設けていただくことになっています」と明かした。2年というのはあくまで楽天側が田中に与えた保証で、田中側が希望すれば今年のオフにメジャーへ復帰することも可能であることを示唆した。

 田中は「(楽天復帰は)決して腰掛けとかではなく、本気で日本一を取りに行きたい、イーグルスでプレーしたいと心から思って決断しました。そこは生半可な気持ちでは、どの世界でも成功できないと思う」と強調しつつ、「アメリカにもやり残したことはあると思っているので、(メジャー復帰の)オプションを完全に捨て去りたくなかった」と包み隠さず語った。「アメリカでやり残したこと」とは、田中がメジャー移籍当初から目標としている「ワールドシリーズに出て、チャンピオンリング手にすること」である。

 ヤンキース在籍7年で通算78勝をマークした田中は昨季オフ、自身初のFAになった。「FAになった時は、正直言ってヤンキースと再契約してプレーしたいという気持ちがありました。しかし、代理人を通じて話を聞いていると、早い段階で、これはもう別々の道を歩んでいかなければならないんだなと感じました」と振り返った。

 他球団に移籍するか、日本球界に復帰するかは「今までになかったくらい考えて、悩み抜きました」と言う。「最終的に、自分がどういう環境で、どういう野球をやりたいのかを考えました。(メジャー他球団からは)物凄く高く評価していただき、大きなオファーもありましたが、再びイーグルスでプレーし、日本の方々の前で投げることに勝るものはなかった」と打ち明けた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」