野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

無観客キャンプ、選手らはどう感じた? 「いつもと違うのは当然」「やっぱり寂しい」

プロ野球12球団は1日、一斉にキャンプインを迎えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、いずれも無観客での開催に。選手との距離が最も近く、触れ合いを楽しみに足を運ぶファンも多い特別な1か月。声援が消えたキャンプ地で、選手はどう感じたのか――。

例年と異なり閑散とした生目の杜運動公園の芝生エリア【写真:福谷佑介】
例年と異なり閑散とした生目の杜運動公園の芝生エリア【写真:福谷佑介】

当初は観客動員も感染再拡大で12球団とも苦渋の決断

 プロ野球12球団は1日、一斉にキャンプインを迎えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、いずれも無観客での開催に。選手との距離が最も近く、触れ合いを楽しみに足を運ぶファンも多い特別な1か月。声援が消えたキャンプ地で、選手はどう感じたのか――。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 宮崎市の生目の杜運動公園。ソフトバンクの1、2軍が隣接した球場でキャンプを行う舞台は、例年なら球場間の芝生エリアにファンがごった返す。しかし、今年は景色が一変。静けさに包まれ、選手たちの声だけがよく響く。

 各球団とも当初は限定的に観客を入れての開催を想定していたが、昨年末から首都圏を中心に新型コロナの感染が再拡大。キャンプ地の沖縄県や宮崎県も独自に緊急事態宣言を出す中、無観客開催に舵を切った。

 昨シーズン、オープン戦や開幕当初は無観客を経験。スタンドががらんとしている光景は初めてではないが、ファンにとってキャンプは特別な機会。練習の合間などで選手が移動する際に間近で触れ合うことができ、練習後には即席のサイン会が実施される球団もある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」