アーム式【意外と知らない野球用語】

アーム式

 投球時の腕が、伸びたまま投げるフォーム。ピッチングマシンのアームのような投げ方であることから、アーム式と呼ばれるようになった。肘を固定して投球するため、肘への負担はかかりにくく、肩関節への負担は大きくなるとされる。反対に肘から上げるように投げ方はスクラッチ式と呼ばれる。

 現役ではオリックス山本由伸、巨人戸郷翔征、大リーグではジャスティン・バーランダーらの投げ方がアーム式と言われている。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED