ウェーバー方式【意外と知らない野球用語】

ウェーバー方式

 新人選手指名制度の一つ。その年の下位チームから順に選手を指名していく。球団は指名した選手との独占交渉権を得るため、他球団との競合は起きない。

 NPBのドラフト会議では1巡目のみ入札方式で、2巡目以降はウェーバー方式、逆ウェーバー方式を順番に繰り返す。MLBのドラフト会議は完全ウェーバー方式で行われる。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED