オープナー【意外と知らない野球用語】

オープナー

 普段中継ぎを任されている投手が先発し、1~2イニングを投げた後、本来の先発投手がロングリリーフとして継投する起用法。リリーフ専門の投手を上位打線に当てることで、失点率の高い初回を抑える目的がある。

 MLBのレイズが2018年に採用し、他チームに広がっていった。翌2019年には、日本ハムがオープナーをアレンジし、先発に打者1巡目を任せる「ショートスターター」を導入した。2番手以降も中継ぎ投手が継投する起用法は「ブルペンデー」と呼ばれる。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED