オブストラクション(走塁妨害)【意外と知らない野球用語】

オブストラクション(走塁妨害)

 守備についている野手が、走者に接触するなどして走塁を妨害すること。走塁妨害。公認野球規則では、走塁妨害が宣告された際、走者は進塁したと推測される塁まで進むことが許される。

 野手が打球処理をしている際に走者と接触した場合、走塁妨害ではなく守備妨害(インターフェア)が適用され、走者がアウトになる。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED