カットボール【意外と知らない野球用語】

カットボール

 ストレートに近い急速で、打者の手元でスライダー方向に小さく鋭く曲がる変化球。カットファストボール(Cut Fastball)、カッター(Cutter)などと呼ばれる。変化量は少ないが、球が速いため、打者の芯を外して凡打になりやすい。

 近年では多くの投手が投げる。元ヤンキースの抑えとして活躍したマリアノ・リベラが決め球として使用していた他、日本では川上憲伸らが代表的である。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED