犠打【意外と知らない野球用語】

犠打

 狭義の意味では打者がアウトになり走者を進塁させるバントのこと。犠牲バント。NPBの犠打の公式記録はこの犠牲バントの数が用いられる。

 広義には、打者がアウトになって他のランナーを進塁させること全般を指す場合もある。この場合、犠牲バント、犠牲フライ、進塁打が犠打に含まれる。

 犠打の日本記録は川相昌弘(巨人など)の533。シーズン最多は2001年の宮本慎也(ヤクルト)で67。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED