牽制球【意外と知らない野球用語】

牽制球

 投手や捕手が走者の盗塁を防いだり、塁を離れている走者をアウトにすることを目的にして、塁にいる野手に投げるボールのこと。牽制球によりアウトになることを牽制死という。

 牽制球を投げる際は様々な制約がある。反則を犯した場合、ボークが宣告され走者に1個の安全進塁権が与えられる。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED