セーフティスクイズ【意外と知らない野球用語】

セーフティスクイズ

 走者三塁の時、打者がバントをして、その打球を見てから走者が本塁に走るプレー。打者はボール球をバントをする必要がなく、バントミスによって三塁ランナーが走塁死するリスクを減らすことができる。

 通常のスクイズよりスタートは遅くなるため、打者は守備者がいないところに確実に転がす必要がある。一塁手、三塁手が前に出にくい、走者一、三塁の場面で行われるケースが多い。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED